塩害対策の外壁塗装はどの様な結果に?

海辺にも住宅を構える私にとって、住宅自体の築年数はそれ程経っていないにもかかわらず、数年置きに確実に行わなければならないのは外壁再塗装のリフォーム。

台風等の暴風時を始め、常に潮をたっぷり含んだ海風が我が家の外壁に吹き付け、そういった嵐の翌日にはかなりの雨量に関わらずちょっと舐めてみるとかなりしょっぱいもの。生け垣の状態も良くない程ですから外壁に掛かる塩水のストレスはかなりのものと言えます。

その為一般的な外壁塗装では劣化具合がかなり早く、早いところでは数年程度でひび割れたり剥げ始める等してしまい、外観上の劣化防止という意味合いからも早めの塗り直しが迫られるのです。

そのスパンの短さからかなり出費が痛かったのですが、前回の外壁塗装では多少のコストアップは承知でついに本格的な塩害対策仕様の外壁塗装リフォームを施し、万全の態勢を取ったのです。

施工から半年、今のところは幸いにも強い潮風が吹きつける様なイベントには遭遇していないものの、きっと塗装スパンの延長に役立ってくれると信頼する事にしています。

PR/工務店向け集客ノウハウ 生命保険の選び方 クレジットカードの即日発行じゃけん 健康マニアによる無病ライフ マッサージのリアル口コミ.com 英語上達の秘訣 超SEO対策 SEOアクセスアップ相互リンク集 お小遣いNET JALカード