実家の室内のくすんだ壁の塗装をDIYで行いました

実家に一人暮らしの母の生活介助で、隔日に訪問していて、どの部屋の壁も汚れてくすんでいる事が気になり出しました。
母に万が一の事があれば、古い実家はいずれ取り壊す事になる為、業者に塗装をお願いしてお金を掛ける事は躊躇していました。しかし、長時間実家にいると、そのくすんだ壁のせいで気分も暗くなる様な感じで放置して置く事も出来ませんでした。
そこで、DIYで塗装をして、綺麗にしようと思い立ちました。訪問する日に3~5時間程度作業を続け、4部屋全ての壁の塗替えを行いました。最近の住宅は、クロス張りの部屋も多く、これほど塗装すべき壁が多い事は珍しいでしょう。
作業は家財道具をまず別の部屋に移し、壁の埃などを落とす掃除をし、その後に養生テープで柱や梁の養生をし、その後に壁の汚れが浮き出る事を防止する機能を持つ透明の塗料をスプレーで噴き付けます。ここで、この塗料が乾くまで毎回一服です。
そして、最後に刷毛とローラーを使って白色の水性塗料で塗装します。塗装は少し厚くなるように2度塗りとしました。塗装そのものよりも、準備作業が非常に大変で、我ながらすべての部屋を嫌にならずによく完了させたと思います。
素人の塗装作業ですが、見違えるほど明るく綺麗になった部屋を見ると、本当に頑張って良かったと痛感しました。