将来のことを考えてのリフォームでした。

今回、家のリフォームをしたのですが年齢のことを考えてお風呂の脱衣所に暖房をつけました。また、お風呂自体にも暖房をつけました。
あと、お風呂の入り口が少し狭かったのですが広くしました。一番のリフォーム点はお風呂の久自体を広くしたことです。
湯船自体も広くなりましたが、お風呂全体を広くしたことでもしも将来自宅で介護をすることになった時に楽になると思ったのです。
また、湯船にバスリフトをつけれるような湯船にしました。以前の湯船は深かったため足を高く上げなければいけませんでした。しかし、年を取るとそれは大変だと思ったのです。そのため横長の浅めのお風呂にしました。おかげで足を伸ばしてゆっくりと入ることができます。
それ以外には手すりを色々なところにつけてもらいました。今はそこまで必要がないので壁についているので掃除が面倒になりましたが、年を取ってからのお風呂の転倒は危ないと考え設置しました。
年を取ってからもできるだけ自宅で過ごしたい、介助する人にできるだけ手を煩わせないようにしてお風呂に入りたいと思いリフォームしましたが満足しています。