家の壁に触って粉がつくなら塗装リフォーム

家の外壁をさわって、サラサラッとした白い粉がついてくるようになったら、それはもう「家の外壁塗装リフォームのタイミング」だと思っても良いでしょう。ちなみに外壁を触ったら白い粉が出てくる状態のことを「チョーキング」と言うのだそうですが、これは外壁塗装によってできていた膜が劣化しているのです。つまり落ちてきていると。

外壁の塗膜は、太陽の光に含まれる「紫外線」によっても劣化しますからね。もちろん雨や風によっても劣化が進みます。つまりは、屋外にさらされているのですから外壁は常に劣化が進んでいるということです。そういうものなのです。仕方がないのです。

しかしチョーキングを放っておきますと、その先には壁の「ひび割れ」や「欠け」が待っていますので、できるだけ早い段階で対応するべきなのです。そこで家の外壁塗装リフォームです。ですから、家の外壁を長持ちさせたいのでしたら、塗装リフォームはチョーキング現象を見つけたらすぐに行うのがいいのかもしれませんね。