家の塗装 やってはいけない季節や天気はある?

塗装は、いつでもしていいというわけではありません。
塗料は水分や湿気が一番苦手と言われています。
ですから、雨の日は絶対にやってはいけないと言われています。
また、湿気の多い梅雨の時期にも塗装は控えた方がよいでしょう。
また雨が続くこの時期にしてしまうと、基本的に雨の日は中断するのが普通ですから、施工も長期間ストップしてしまいます。
また最悪な事に塗装が剥がれたり仕上がりがきれいにならない場合もあります。
また、低気温での使用もしてはいけません。一般的な塗料は5度以下のところでは使用しないよう注意されています。
よって気温の下がる冬場はあまり塗装はおすすめしません。
塗料が一番好むのが乾燥した状態にあること、気温が低すぎないことです。
よって、季節は暖かくなる春から寒くなりはじめる11月中旬くらいまでが最適と言えるでしょう。
また、その時期でも朝や夜の気温が不安定な時間ではなく、太陽が上がって十分な塗装環境が整っている昼間に行うのが適しています。